20190519

プロダクトデザイン・演習

大阪電気通信大学 総合情報学部 デジタルゲーム学科 前期開講科目

ユニバーサルデザインに基づいた設計とその表現としての図法の基礎

第06週:05月21日

3)課題[平面上に立体を表現する]レビュー

提出された課題作品のレビューをおこなう。

おもな解答例:

1.

解答例1

2.

解答例2

3.

解答例3

4.

解答例4

5.(実寸を90%に縮小して表示)

解答例5

6.

解答例

4)投影法と三面図

■ 投影

立体物を平面上に図示することを投影といい、そうして描かれた図を投影図という。

投影は、以下のように大別することできる。

投影 ┬ 平行投影 ┬ 垂直投影 ┬ 正投影

   │      │      ├ 軸測投影 ┬ 等角投影

   │      │      │      └ 不等角投影

   │      │      └ 標高投影

   │      └ 斜投影

   └ 透視投影

課題[平面上に立体を表現する]を、投影の分類に照らすと以下のようになる。

斜投影

斜投影

等角投影(アイソメトリック)

等角投影(アイソメトリック)

等角投影(アクソノメトリック)

等角投影(アクソノメトリック)

正投影(三面図)

正投影(三面図)

透視投影

透視投影

■ 三面図の第三角法

正投影によって、立体物の平面・正面・側面の三面を描き表す三面図には、立体物と投影面の関係から第一角法から第四角法までがある。

第一角法 … 第一象限に立体物をおいて投影

第一角法 第三角法

第三角法 … 第三象限に立体物をおいて投影

一般的な製図においては、第三角法を用いる。

第三角法では、上に平面図、その下に正面図、その右に右側面図を描く。

3)課題[三面図による製図]1 課題説明・採寸

三面図とは、立体物を上から見た平面図、前から見た正面図、横から見た側面図の、3つの図によって、立体物を平面的に表す図法のひとつである。

各自で箱形のパッケージを用意し、その平面、正面、側面を採寸し、配布された用紙に定規を用いたハンドワークによって描きなさい。

なお、採寸したサイズも図中に明記し、本日授業終了時までに提出。

インデックス担当授業の資料プロダクトデザイン・演習

Copyright (C) WATANABE, Takashi / HEAD+HEART, Visual Communication Design Studio. All rights reserved.
Made on a Mac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。

Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

第01週:04月09日

第02週:04月16日

第03週:04月23日

第04週:05月07日

第05週:05月14日

第06週:05月21日

第07週:05月28日

第08週:06月04日

第09週:06月11日

第10週:06月18日

第11週:06月25日

第12週:07月02日

第13週:07月09日

第14週:07月16日

第15週:07月23日

Google

WWWを検索

headheart.comを検索

Image