20170409

デザイン基礎

大阪電気通信大学 総合情報学部 デジタルゲーム学科 前期開講科目

イメージの編集とタイポグラフィ表現

第01週:04月11日

開講クラス数:1クラス

開講日時: 火曜日・3時限

授業教室:10-201

担当教員:渡部隆志

0)出席集計

上記リンクもしくは右のQRコードから出席集計システムにアクセスし、出席の回答をおこなう。

回答に必要な「特定の番号」を指示するので、その指示に沿って入力をおこなうこと。

1)授業の概要

■ 目的

情報の収集から編集、視覚表現までのプロセスをイメージの編集と捉え、コンピュータを利用したデジタル環境での課題制作をおこない、ハンドワークの延長線上にある表現ツールとしての側面と、デジタル環境における表現メディアとしての特性について考察する起点とする。

また、デザイン活動の根幹を成す要素として、コミュニケーションの視点は欠くことができない。中でも文字情報による視覚伝達機能は、あらゆるデザイン分野において、コミュニケーション成立の要となっている。そうした文字に焦点を当て、タイポグラフィ表現の基盤となる知識と技術についての理解を促し、デザイナーとしての眼差しを養う。

■ 授業内容

01. 授業の概要

   課題[写真から絵画へ]1 課題説明・ターゲットイメージの選定

   写真撮影の基礎知識

02. Photoshopによる画像加工

   ビジュアルイメージを整える

   課題[写真から絵画へ]2 制作

03. 課題[写真から絵画へ]3 制作・レポートシートの作成

04. 課題[写真から絵画へ]4 制作・提出

05. 課題[写真から絵画へ]5 レビュー

06. 課題[写真から絵画へ]6 レビュー

07. タイポグラフィによる表現 1 文字と視覚表現を考える(欧文)

08. 課題[レタースペーシング]1 課題説明

   タイポグラフィによる表現 2 文字と視覚表現を考える(和文)

   Illustratorでのグリッド機能

09. タイポグラフィ領域の拡張

   課題[映画タイトルロゴのデザイン]1 課題説明

10. 課題[映画タイトルロゴのデザイン]2 Illustratorでの文字組

11. 課題[映画タイトルロゴのデザイン]3 Photoshopでの画像表現

12. 課題[映画タイトルロゴのデザイン]4 レポートシートの作成

13. 課題[映画タイトルロゴのデザイン]5 制作

14. 課題[映画タイトルロゴのデザイン]6 制作・提出

15. 課題[映画タイトルロゴのデザイン]7 レビュー

   デザイン基礎の課題確認

   デザイン基礎の総括

   授業アンケートへの回答

■ 評価基準・評価方法

出席状況を単位認定の前提とし、以下の提出物により総合的に評価する。

1. 課題[写真から絵画へ]作品データ

2. 課題[写真から絵画へ]レポートシート

3. 課題[レタースペーシング]ワークシート

4. 課題[映画タイトルロゴのデザイン]作品データ

5. 課題[映画タイトルロゴのデザイン]レポートシート

評価方法と評価観点の配点については、Webシラバスを参照のこと。

■ 教科書・参考書

教科書

「表現メディアの編集と表現」 有賀妙子・渡部隆志・由良泰人 共著 実教出版株式会社

参考書

「名画を見る眼」高階秀爾 著 岩波書店

「続 名画を見る眼」高階秀爾 著 岩波書店

「Grid Systems in Graphic Design」Josef Muller-Brockmann 著 Arthur Niggli

「Illustratorプロフェッショナルロゴデザイン改訂新版」下田和政 著 MdN

「Photoshopプロフェッショナルロゴデザイン改訂新版」下田和政 著 MdN

■ その他

学生各自所有のノートパソコンを使用し、講義資料(Web)の閲覧、演習および課題制作をおこなう。

課題制作に必要となる材料などは、その都度連絡し学生各自にて用意する。

演習や課題制作において、積極的かつ能動的な受講と制作への取り組みが望まれる。

2)課題[写真から絵画へ]1 課題説明・ターゲットイメージの選定

デジタルカメラでイメージ採集のための撮影をおこない、Photoshopの持つ色彩のコントロール、フィルタメニューによるピクセル操作といった機能を利用し、撮影した日常の写真イメージを絵画的なイメージへと変換する制作に取り組む。

ターゲットとしたイメージの視覚的な特徴や印象を的確に捉えること。またそれらを表現に取り込み再生することを通して、Photoshopの機能についての理解を再整理し、制作プロセスを論理的に組み立て、実行することを目的としている。

課題作例(過去の受講生の作品)

課題作例1  課題作例2  課題作例3

課題作例4  課題作例5  課題作例6

■ 課題制作スケジュール

04月11日 課題説明・ターゲットイメージの選定

04月18日 講義(Photoshopの色調補正とフィルタ)・撮影完了

04月25日 制作・レポートシート作成の説明

05月02日 制作・完成データの提出

05月09日 レポートシート提出・提出作品のレビュー

■ 絵画のイメージを分析する

写真から絵画へのイメージ変換の観点として、ターゲットとする絵画作品を選定し、その絵画の持つ特徴や印象を分析し、それをモチーフとして画像加工をおこなう。

絵画作品の選定と分析の例として、以下の5作品を例として紹介する。

笛吹く少年

Edouard Manet

エドゥアール・マネ「笛吹く少年」(1866年)

近代絵画の起点

古典的描画方法からの脱却

立体感と空間性の意識的な喪失

関連作品「草上の昼食」(1862-1863年)→

グランド・ジャット島の日曜日の午後

Georges Seurat

ジョルジュ・スーラ「グランド・ジャット島の日曜日の午後」(1884-86年)

新印象派 印象派+科学

限られた純色だけを用いた点描

光をキャンバスに定着させる

麦畑と糸杉

Vincent van Gogh

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ「麦畑と糸杉」(1889年)

後期印象派

躍動感のある力強い筆跡

色彩の対比・補色の効果

夢

Pablo Picasso

パブロ・ピカソ「夢」(1932年)

キュビズム

多様な視点をひとつに融合

形態の大胆なデフォルメ

オンフルールの灯台

Raoul Dufy

ラウル・デュフィ「オンフルールの灯台」(1935年)

フォビズム

輪郭線による形態の描写

色彩のコントラストと調和

絵画作品の選定に際しては、画集や図録、ウェブなどで情報収集する。その際、作品の表面的な部分だけではなく、作家とその時代など制作に関わる背景についても理解を深めるた上で、制作に取り組むこと。

選定した作品の、作家名・作品タイトル・制作年・作品の画像データについて収集・保管しておくこと。レポートシート作成の際にそれらデータが必要となる。

■ 絵画作品選定の参考となるウェブサイト

Mark Harden's Artchive

http://www.artchive.com/

タイム・ライン 西洋絵画史

http://www.ne.jp/asahi/art/dorian/index.html

WEB美術館

http://www1.megaegg.ne.jp/~summy/

3)日常から絵画的イメージを採集する 

デジタルカメラで、画像加工の素材となるイメージ採集のための撮影をおこなう。

撮影時の画像サイズはピクセル寸法で1,024px × 768px以上に設定。画面方向はヨコ位置に限定する。

撮影したデータはPCに取り込み保存しておくこと。

■ 写真撮影の基礎知識

1. カメラアングルを変える

日常の目線の高さのアイレベルではなく、低い位置から見上げるローアングル、高い位置から見下ろすハイアングルなど、視点の変化によって、被写体の中に存在するイメージを再発見することもできる。

2. 撮影画角を変える

撮影する範囲のことを画角というが、被写体を画角に収めるフルショット、被写体の一部分を全面に撮影するクローズアップなど、画面の中にどれだけの情報を収めるのかも、意図的に操作する必要がある。

3. ストロボの設定とブレの効果

ストロボは[自動→赤目防止→切]の設定が切り替えられる機種が多い。ストロボを使用した場合、使用しない場合で撮影されるイメージは大きく代わる。光量が少ないときには、その分露光時間が長くなり、手ぶれのアラートが表示されるが、あえて手ぶれを効果的に利用することも考えられる。

名画を見る眼

高階秀爾 著

岩波書店(1969年)

ISBNコード:4-004-14064-1

定価:735円(税込)

絵画作品に関する造詣を深めるために、読みやすいベストセラーといえる。続編も出版されているので、興味のある方は2冊あわせてどうぞ。

著作権についてのメモ

絵画作品の著作権は、基本的に作者の死後50年が経過すると消滅し、自由な使用が可能になる。ただし、日本は第二次世界大戦において敗戦しているので、戦勝国の作者のものについては、死後75年を経なければならないというペナルティが課せられている。

このページに掲載した絵画作品の画像は、画集や図録からのスキャニングによって転載しているが、画集や図録、またその発行元の出版社に著作権は発生しないため、著作権法に抵触するものではない。

また、作者の著作権が消滅していない作品については、著作権法第35条第1項の教育機関における教育目的での利用を根拠として掲載している。

著作権に関する詳細な情報は、CRIC(著作権情報センター)を参照。

Copyright (C) WATANABE, Takashi / HEAD+HEART, Visual Communication Design Studio. All rights reserved.
Made on a Mac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。

Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

第01週:04月11日

第02週:04月18日

第03週:04月25日

第04週:05月02日

第05週:05月09日

第06週:05月16日

第07週:05月23日

第08週:05月30日

第09週:06月06日

第10週:06月13日

第11週:06月20日

第12週:06月27日

第13週:07月04日

第14週:07月11日

第15週:07月18日

Google

WWWを検索

headheart.comを検索

Image