20210424

エディトリアルデザイン・演習

大阪電気通信大学 総合情報学部 デジタルゲーム学科, ゲーム&メディア学科 前期開講科目

編集によるコンテンツバリューの向上と印刷メディアの現在

第03週:04月26日

0)出席確認の入力

Moodleコースページで、出席確認の入力をおこなってください。

回答に必要な「特定の番号」を指示するので、その指示に沿って入力してください。

1)課題[ページレイアウトでのテキスト操作]1 課題説明・ページの基本設計

ページレイアウトにおいては、QuarkXPressやAdobe InDesignといったアプリケーションソフトウェアが一般的に利用されています。

Quark社のQuarkXPressは、1990年代を代表するページレイアウトソフトで、当時の出版・印刷業界では標準のアプリケーションソフトウェアとして利用されていました。

1999年にはAdobe InDesignが登場し、数年の間にページレイアウトソフトの業界標準として、QuarkXPressに取って代わることになりました。

いきなり、Adobe InDesignを使用するにはハードルが高いと思われますので、ここではAdobe Illustratorを用いて、ページレイアウトの基本構造について、まずはしっかりと理解するための演習をおこないます。

■ 課題要件

仕上サイズ:A4サイズ(210mm×297mm)

A4サイズのアートボードをタテ方向に設定し、あらかじめ用意された文章原稿のデータ「textdata.txt」の文字情報を画面空間にレイアウトしてください。

■ ページの基本設計について

ページレイアウトにおいて、レイアウトフォーマットとなるページの基本設計を充分に検討することは、非常に重要であるといえるでしょう。

以下の1〜6のページの基本設計に関わる要素について、理解しておくことが必要です。

1. タテ組み、ヨコ組み

… 本文の組方向のことです。

2. 版面

… ハンヅラと読みます。本文のレイアウトされる最大スペースを指します。

3. 余白(マージン)

… 誌面と版面の間にある余白スペースです。

4. 段組

… 版面を複数の段に分けて本文を組むことを指します。

5. タイトル、リード、本文、キャプションなど

… 文字情報にもそれぞれの役割に応じて呼称があります。

6. 文字組による画面濃度の変化

… フォント選択とサイズ、字間、行間の設定によって画面濃度をコントロールすることができます。

■ Adobe Illustratorでの操作上のポイント

Illustratorを用いたページレイアウト操作において、以下の1〜7のポイントについて理解した上で演習に取り組んでください。

1. テキストツールと文字パレット

 

2. エリア内文字とパス上文字

3. ガイド・グリッドの利用

4. テキストボックスへの文章流し込み

5. テキストボックスの変形

6. 段組 … エリア内文字オプション

7. 段落パレット … 行揃え、禁則処理とぶら下がり

演習サンプルのIllustratorデータ(ヨコ組み)sample_works01.ai(1.9MB)

演習サンプルのIllustratorデータ(タテ組み)sample_works02.ai(1.5MB)

リンクをcontrol+クリックし、リンクされたファイルをダウンロードし、サンプルデータのページ設計について各種設定状態を確認してみてください。

この授業において、Illustratorでの操作上のポイントは、大変重要な事項です。05月10日授業時に、制作手順についてデモンストレーションをおこないます。

なお、ページの中の任意の位置に氏名を「designed by XXXXX」としてクレジット表記しておいてください。

05月24日授業時に、提出方法についての説明をおこないます。

2)課題[ビジネスカードのデザイン制作]2 制作

■ 課題要件

仕上サイズ:91mm×55mm

制作に使用するフォーマット(台紙)は、カードのタテ位置・ヨコ位置に応じて以下のファイルをダウンロードして使用してください。

ビジネスカードとして表記する内容は、氏名以外は自由に設定するものとし、実際の情報以外の架空のものでも構いません。

最低3案以上のバリエーションを制作してください。

データが完成したら、すべてのオブジェクトを選択し、フォントのアウトライン化を実行しておいてください。

完成したデータは、05月10日を目安に、PDF形式にファイルに書き出し、提出してもらう予定です。05月10日授業時に、提出方法についての説明をおこないます。

インデックス担当授業の資料エディトリアルデザイン・演習

Copyright (C) WATANABE, Takashi / HEAD+HEART, Visual Communication Design Studio. All rights reserved.
Made on a Mac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。

Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

第01週:04月12日

第02週:04月19日

第03週:04月26日

第04週:05月10日

第05週:05月17日

第06週:05月24日

第07週:05月31日

第08週:06月07日

第09週:06月14日

第10週:06月21日

第11週:06月28日

第12週:07月05日

第13週:07月12日

第14週:07月19日

第15週:07月26日

Google

WWWを検索

headheart.comを検索

Image