20190519

デジタル造形

大阪電気通信大学 総合情報学部 デジタルゲーム学科 前期開講科目

デジタルツールを利用したビジュアルコミュニケーションデザインの基礎

第06週:05月22日

0)出席集計

上記リンクもしくは右のQRコードから出席集計システムにアクセスし、出席の回答をおこなう。

回答に必要な「特定の番号」を指示するので、その指示に沿って入力をおこなうこと。

1)デジタル環境における色彩の基本的知識

資料を参照しながら、デジタル環境において色彩を取り扱う際の基本的知識について概説する。

■ 色彩の特性と効果

特定の色彩が単独で持っている視覚的印象には、以下のようなものがある。

寒色 寒色  … 寒さや冷たさを感じる色彩。

暖色 暖色  … 暖かみや暑さを感じる色彩。

収縮色 収縮色 … 形体を実際よりも小さく感じさせる色彩。

膨張色 膨張色 … 形体を実際よりも大きく感じさせる色彩。

進出色 進出色 … 形体が前に進出する印象のある色彩。

後退色 後退色 … 形体が後ろにさがる印象の色彩。

軽薄色 軽薄色 … 彩度と明度が高く、軽い印象の色彩。

重厚色 重厚色 … 彩度と明度が低く、重い印象の色彩。

また歴史、風土、文化的な背景から、特定の色彩はそれぞれ独自のイメージを有している。一般的なイメージは次のとおり。

白 白 … 潔白、純真、神聖、清楚

黒 黒 … 静寂、厳粛、暗黒、悲哀

灰 灰 … 陰鬱、消極、平凡、中性

赤 赤 … 歓喜、情熱、活気、革命、粗野、幼稚、女性

橙 橙 … 陽気、元気、躍動、積極

黄 黄 … 明快、希望、快活、発展、軽薄、幼稚

緑 緑 … 自然、安心、平和、理想、知性、純情

青 青 … 自然、鎮静、深遠、真実、理性、男性

紫 紫 … 優雅、高貴、不安、神秘

配色における、色彩の三属性(色相・彩度・明度)の作用と印象には、以下のようなものがある。

テキストP.36〜P.41を参照

色相差の等しい配色

色相差の等しい配色 … 一般的に静かで穏やかな印象。

色相差の大きな配色

色相差の大きな配色 … 対立的で派手な印象。調和がとれていないと不快感を感じる場合がある。

色相差の小さい配色

色相差の小さい配色 … 温和でおとなしい印象。

彩度の高い配色

彩度の高い配色 … 派手、刺激的、明るい印象。

>彩度の低い配色

彩度の低い配色 … 地味、渋み、落ち着き、暗い印象。

彩度差の大きな配色

彩度差の大きな配色 … 動的な印象。

彩度差の小さな配色

彩度差の小さな配色 … 静的な印象。

明度差の大きな配色

明度差の大きな配色 … 活動的で明快感が強い印象。強烈な印象を与える配色。

明度差の小さい配色

明度差の小さい配色 … 落ち着いておとなしい印象。明快感が弱く静的な配色。

2)課題[イメージプロットによる色彩構成]2 制作

色彩構成とは、画面空間に形態と色彩を用いて画面構成をおこない、テーマとするイメージを平面空間に表現する造形行為である。

Adobe Illustratorを利用して、色彩構成をおこなう。

■ 課題要件

新規ドキュメントの設定は、以下のとおり。

新規ドキュメント

共通の表現イメージとして「奥行き」というテーマを設定する。それに加えて、テキスト P.143に掲載されているイメージプロットの中から、デザイン表現のキーワードを学生毎に3つ指定するので、それぞれのキーワードを意図した色彩構成をおこなうこと。

テキストに掲載されているスタンダードデザインパターンを参照し、キーワードが持つデザイン表現としての形態・色彩・配置の特性を理解した上で、色彩構成としてのオリジナルな表現に取り組むことが重要である。

ファイルは指定されたキーワードに基づいた3点とし、ファイル名は、半角英数(すべて小文字)とする。

idi2_(キーワードの英語表記)_(学生番号).ai

例)idi2_modern_hw00a000.ai

  idi2_sharp_hw00a000.ai

  idi2_mechanical_hw00a000.ai

  idi2_cool_hb00a000.ai

  idi2_rich_hb00a000.ai

  idi2_friendly_hb00a000.ai

提出先は下記のURLにアクセスの上、

 smb://mcfss.mc2ed.sjn.osakac.ac.jp/public

 Wデジタル・ゲーム / 渡部 / 02個人提出用 / 1WB_デザイン基礎実習

 Bゲーム&メディア / 渡部 / 02個人提出用 / 1WB_デザイン基礎実習

の、いずれかのフォルダ内にアップロードすること。

提出期限:05月29日

Copyright (C) WATANABE, Takashi / HEAD+HEART, Visual Communication Design Studio. All rights reserved.
Made on a Mac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。

Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

第01週:04月10日

第02週:04月17日

第03週:04月24日

第04週:05月08日

第05週:05月15日

第06週:05月22日

第07週:05月29日

第08週:06月05日

第09週:06月12日

第10週:06月19日

第11週:06月26日

第12週:07月03日

第13週:07月10日

第14週:07月17日

第15週:07月24日

Google

WWWを検索

headheart.comを検索

Image