20211121

情報デザイン特論(ビジュアルデザイン特論)

大阪電気通信大学 大学院 総合情報学研究科

情報[世界]を見る・考えるデザイン演習

第10週:11月22日

0)出席確認の入力

Moodleコースページで、出席確認の入力をおこなってください。

回答に必要な「特定の番号」を指示するので、その指示に沿って入力してください。

1)演習3[画像イメージと意味]2 画像イメージ→言語化

■ 画像データのダウンロードと言語化

受講生から提出された画像を、右のリンクからダウンロードし閲覧してください。

その上で、他の受講生がアップロードした画像の中から3枚を選び、自分の撮影した画像の中の1枚と合わせて、4枚の画像を選定します。

個々の画像が持っていた元のことばとの関連を断ち切り、画像の共示的意味において、何らかの関係性を持つ4枚の画像をピックアップして組写真としてください。

その組写真それが表現するものを言語化します。関係性を発見する視点の一例として、共通性、対比性、連続性、因果的要因などが考えられます。そして、組写真にタイトルをつけ、そのテーマに関する文章(小説、随筆、説明文)を書いてください。

■ 画像データの整理

画像データは、4点1組として、以下の仕様の画像データに整えてください。

なお、4点1組とする際のレイアウトや余白の挿入などは、各自の言語化との兼ね合いで自由に表現してください。

 ドキュメントサイズ

   解像度:72 pixel/inch

 フォーマット

   JPEG(高画質・低圧縮)もしくはPNG

次週11月29日の授業時に、Moodleのページの演習3[画像イメージと意味 2]提出のリンク先からファイルを提出してもらい、12月06日授業時にレビューをおこなう予定です。

なお併せて、オンラインテキスト欄に、

 学生番号 氏名

 組写真のタイトル

 テーマに関する文章(小説、随筆、説明文)

を入力してもらいますので、各自で検討を進めておいてください。

インデックス担当授業の資料情報デザイン特論(ビジュアルデザイン特論)

Copyright (C) WATANABE, Takashi / HEAD+HEART, Visual Communication Design Studio. All rights reserved.
Made on a Mac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。

Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

第01週:09月20日

第02週:09月27日

第03週:10月04日

第04週:10月11日

第05週:10月18日

第06週:10月25日

第07週:11月01日

第08週:11月08日

第09週:11月15日

第10週:11月22日

第11週:11月29日

第12週:12月06日

第13週:12月13日

第14週:12月20日

第15週:12月27日

Google

WWWを検索

headheart.comを検索

Image