20171210

情報デザイン演習

大阪電気通信大学 大学院 総合情報学研究科 ビジュアルデザイン特論

情報[世界]を見る・考えるデザイン演習

第11週:12月14日

本日休講, 演習4 課題説明は次週12月21日におこなう

1)演習4[時の流れ]1 時間についての考察

■ 演習に関連する知識

時間のもつ特徴を考える。

・時間は一次元的に進む。

・変化を通じて、時間の経過を認識できる。

・時間には周期性がある。

 月は満月から満月までほぼ30日の周期で満ち欠けを行い、それが12回で季節がめぐる。

・時間には構造がある(年、月、日など)。

 エジプトでは、シリウスが始めて姿を現す日の間隔を1年としており、それが365日と6時間であることを知っていた。

・時間にかたちはないが、パターン、あるいはリズムがある。

動物は、ほぼ一日の周期で時間を計る時計を持っている(概日リズム:サーカディアンリズム)。約一日の周期を知り、それにあわせたリズムで生活している。動物の寿命、呼吸間隔、心拍周期など、動物の生理的時間は体重の4分の1乗に比例する。

動物の生理的時間 ∝ 体重の1/4乗

動物ごとに固有の周期があって、そのリズムに従って生きているが、だいたい同じ回数呼吸をして同じ回数脈を打って一生を終える。

時間を表す一般的な方法には、次のようなものがある。

・タイミングチャート … 時間の経過に合わせて、プログラムの処理や電子回路の信号がどのように進むかを表す図

・半順序グラフ … 要素の順序関係をあらわすグラフ。

・カレンダー

・タイムスタンプ … 日時情報、たとえば法的文書の作成日やファイルの更新時刻など。

普遍的な時間、時計で測る物理時間は一定のリズムで経過するが、心理的に知覚する時間感覚は何をしているか、何を感じているかで異なってくる。

過去、多くの人が心理的な時間経過について語っている。例えば、ゲーテ「時を短くするものはなにか …活動。時を絶えがたくするものはなにか … 怠惰」やシェークスピア「快楽と行動とは時間を短く思わせる」など。

■ 画像データの制作と投稿

[時の流れ]をテーマとして、以下の仕様の画像データを制作する。

 ピクセル数

     幅:1200 pixel

    高さ:800 pixel

 ドキュメントサイズ

   解像度:72 pixel/inch

 フォーマット

   JPEG(高画質・低圧縮)もしくはPNG

整えた画像データは、Facebookページ[情報デザイン演習 渡部隆志]にアクセスして投稿すること。

Facebookへの投稿

近況を投稿する の欄に、

 学生番号 氏名

 タイトル

 制作意図に関する文章(小説、随筆、説明文)

を入力する。

インデックス担当授業の資料情報デザイン演習

Copyright (C) WATANABE, Takashi / HEAD+HEART, Visual Communication Design Studio. All rights reserved.
Made on a Mac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。

Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

第01週:09月28日

第02週:10月05日

第03週:10月12日

第04週:10月19日

第05週:10月26日

第06週:11月09日

第07週:11月16日

第08週:11月23日

第09週:11月30日

第10週:12月07日

第11週:12月14日

第12週:12月21日

第13週:01月11日

第14週:01月18日

第15週:01月23日

Google

WWWを検索

headheart.comを検索

Image