20171022

グラフィックデザイン演習

同志社女子大学 学芸学部 情報メディア学科 秋学期開講科目

デジタルツールを利用したビジュアルコミュニケーションデザイン

第03週:10月27日

1)課題[ビジネスカードのデザイン制作]2. CI・VI

コーポレートアイデンティティ(corporate identity)とは、企業などの組織体が、その内外におけるイメージや理念の統一を図るために、それらを構成する要素について、計画的かつ統合的に設計する活動であり、一般的にCIと略される。

社名、ブランド名称、シンボルマーク、ロゴタイプ、コーポレートカラー、スローガン、コンセプトメッセージなどが構成要素としてあげられる。これらは、あらゆるコミュニケーションチャネルにおいて統一的に使用することで広く認知され、対外的に一貫性のある組織のイメージが形成されるとともに、組織内においても構成員の意識を統合化する目的を持っている。

CIの中でも、視覚的な構成要素であるシンボルマーク、ロゴタイプ、コーポレートカラーなどベーシック・デザイン・エレメントと呼ばれる一連の基本デザイン要素と、それを用いたさまざまなアプリケーションツールへの展開を、ビジュアルアイデンティティ(visual identity)と呼び、一般的にVIと略される。

■ VI設計事例の紹介

世界的にも著名なブランディングとデザインのコンサルタント企業であるランドーアソシエイツ(Landor Associates)と、日本最大のデザインプロダクションである日本デザインセンターのVI設計事例を紹介する。

■ 課題要件

仕上サイズ:91mm×55mm

制作に使用するフォーマット(台紙)は、カードのタテ位置・ヨコ位置に応じて以下のファイルをダウンロードして使用すること。

表記する内容は、氏名以外は自由に設定するものとし、実際の情報以外の架空のものでも構わない。

最低3案以上のバリエーションを制作すること。

データが完成したら、すべてのオブジェクトを選択し、フォントのアウトライン化を実行すること。

完成したデータは、本日授業終了時までにA4サイズでプリントアウトして提出。プリントアウトは、カラー・モノクロを問わない。

またデータは、ファイル名を「gd2_1_学生番号_作品連番.ai」として、サーバ Teachersの下記フォルダにコピー提出しておくこと。

ENTERPRISE/public/Teachers/watanabe/1限 課題[ビジネスカード]

ENTERPRISE/public/Teachers/watanabe/2限 課題[ビジネスカード]

2)出席カウントのためのメール送信

メール送信のページから、出席カウントのためのメール送信をおこなう。

名前欄には、学生番号(半角英数)・氏名を入力すること。

メールアドレスは入力の必要なし。

メッセージ欄に記載するテーマを指示するので、その指示に沿って入力をおこなうこと。

ブランディングデザインの裏側

ブランディングデザインの裏側 ― Landor Associatesの考えるデザインへのアプローチ

ピエ・ブックス(2004年)

ISBNコード:4-89444-351-1

定価:5,800円(税別)

インデックス担当授業の資料グラフィックデザイン演習

Copyright (C) WATANABE, Takashi / HEAD+HEART, Visual Communication Design Studio. All rights reserved.
Made on a Mac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。

Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

第01週:10月06日

第02週:10月13日

第03週:10月27日

第04週:11月03日

第05週:11月10日

第06週:11月24日

第07週:11月25日
補講 C164

第08週:12月01日

第09週:12月08日

第10週:12月15日

第11週:12月22日

第12週:01月05日

第13週:01月06日
補講 C162

第14週:01月12日

第15週:01月19日

Google

WWWを検索

headheart.comを検索

Image