20181013

グラフィックデザイン演習

同志社女子大学 学芸学部 情報メディア学科 秋学期開講科目

デジタルツールを利用したビジュアルコミュニケーションデザイン

第04週:10月19日

1)課題[ページレイアウトでのテキスト操作]1. ページの基本構造

ページレイアウトにおいては、QuarkXPressやAdobe InDesignといったアプリケーションソフトウェアが一般的に利用されている。

ここではAdobe Illustratorを用いて、ページレイアウトの基本構造について理解するための演習をおこなう。

■ 課題要件

仕上サイズ:A4サイズ(210mm×297mm)

A4サイズのアートボードをタテ方向に設定し、あらかじめ用意された文章原稿のデータ「textdata.txt」の文字情報を画面空間にレイアウトする。

■ ページの基本設計について

ページレイアウトにおいて、レイアウトフォーマットとなるページの基本設計を充分に検討することは、非常に重要であるといえる。

以下の1〜6のページの基本設計に関わる要素について、理解しておくことが必要である。

1. タテ組み、ヨコ組み

2. 版面

3. 余白(マージン)

4. 段組

5. タイトル、リード、本文、キャプションなど

6. 文字組による画面濃度の変化

■ Adobe Illustratorでの操作上のポイント

Illustratorを用いたページレイアウト操作において、以下の1〜7のポイントについて理解した上で演習に取り組む。

1. テキストツールと文字パレット

 

2. エリア内文字とパス上文字

3. ガイド・グリッドの利用

4. テキストボックスへの文章流し込み

5. テキストボックスの変形

6. 段組 … エリア内文字オプションとスレッドテキスト

7. 段落パレット … 行揃え、禁則処理とぶら下がり

2)課題[ビジネスカードのデザイン制作]3. 提出

■ 課題要件

仕上サイズ:91mm×55mm

制作に使用するフォーマット(台紙)は、カードのタテ位置・ヨコ位置に応じて以下のファイルをダウンロードして使用すること。

表記する内容は、氏名以外は自由に設定するものとし、実際の情報以外の架空のものでも構わない。

最低3案以上のバリエーションを制作すること。

データが完成したら、すべてのオブジェクトを選択し、フォントのアウトライン化を実行すること。

完成したデータは、本日授業終了時までにA4サイズでプリントアウトして提出。プリントアウトは、カラー・モノクロを問わない。

またデータは、ファイル名を「1_学生番号_作品連番.ai」として、サーバ Teachersの下記フォルダにコピー提出しておくこと。

ENTERPRISE/public/Teachers/watanabe/1限 課題[ビジネスカード]

ENTERPRISE/public/Teachers/watanabe/2限 課題[ビジネスカード]

3)出席カウントのためのメール送信

w a t a n a b e @ h e a d h e a r t . c o m 宛に、出席カウントのためのメール送信をおこなう。

件名欄には、学生番号(半角英数)・氏名を入力すること。

メッセージ欄に記載するテーマを指示するので、その指示に沿って入力をおこなうこと。

インデックス担当授業の資料グラフィックデザイン演習

Copyright (C) WATANABE, Takashi / HEAD+HEART, Visual Communication Design Studio. All rights reserved.
Made on a Mac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。

Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

第01週:09月28日

第02週:10月05日

第03週:10月12日

第04週:10月19日

第05週:10月26日

第06週:11月02日

第07週:11月09日

第08週:11月16日

第09週:11月30日

第10週:12月07日

第11週:12月14日

第12週:12月21日

第13週:01月11日

第14週:01月18日

第15週:01月25日

Google

WWWを検索

headheart.comを検索

Image