20171105

グラフィックデザイン演習

同志社女子大学 学芸学部 情報メディア学科 秋学期開講科目

デジタルツールを利用したビジュアルコミュニケーションデザイン

第05週:11月10日

1)課題[ページレイアウトでのテキスト操作]2. テキストに関わるツールの扱い

■ 課題要件

仕上サイズ:A4サイズ(210mm×297mm)

A4サイズのアートボードをタテ方向に設定し、あらかじめ用意された文章原稿のデータ「textdata.txt」の文字情報を画面空間にレイアウトする。

■ Adobe Illustratorでのページ設計の手順

Adobe Illustratorでの操作上のポイントを踏まえ、ページ設計の操作手順について、以下のステップで制作にあたること。

01. アートボードと同じ長方形を長方形ツールで描く。

長方形ツールで任意の位置をクリック。

幅:210mm、高さ297mmで描画。

02. 長方形をアートボードと同じ位置に重ね、ガイドラインに変換。

選択ツールで移動。ポイントスナップにより位置合わせをおこなう。

表示メニュー → ガイド → ガイドを作成 を選択。

03. 定規を表示する。

表示メニュー → 定規を表示 を選択。

04. ガイドラインを手がかりに、グリッドの原点を定める。

定規の左上から十字カーソルを引き出し、ポイントスナップ。

05. 単位表示をフォントサイズ指定に用いているポイントに切り替える。

Illustratorメニュー → 環境設定 → 単位・表示パフォーマンス... を選択。

単位・一般の項目をポイントに変更。

06. 本文のフォントサイズを基準にグリッドの設定をおこなう。

Illustratorメニュー → 環境設定 → ガイド・グリッド... を選択。

グリッドの値 ÷ 分割数 が、グリッドの最小単位となる。

07. グリッドスナップの設定。

表示メニュー → グリッドにスナップ を有効にする。

08. 版面を長方形ツールで描く。

09. 版面の長方形をテキストエリアに設定。

文字ツールで、描画した長方形の一辺をクリック。

10. エリア内文字オプションによって段組の設定をおこなう。

書式メニュー → エリア内文字オプション... を選択。

11. テキストデータの流し込みをおこなう。

12. テキストエリアの変形などにより、レイアウトを検討。

ダイレクト選択ツールによるテキストエリアの変形により整形。

演習サンプルのIllustratorデータ(ヨコ組み)sample_works01.ai(1.9MB)

演習サンプルのIllustratorデータ(タテ組み)sample_works02.ai(1.5MB)

リンクをcontrol+クリックし、リンクされたファイルをダウンロードし、サンプルデータのページ設計について各種設定状態を確認する。

11月25日補講授業時までにプリントアウトをおこなえるよう、各自で制作を進める。

なお、ページの中の任意の位置に氏名を「designed by XXXXX」としてクレジット表記すること。

2)出席カウントのためのメール送信

メール送信のページから、出席カウントのためのメール送信をおこなう。

名前欄には、学生番号(半角英数)・氏名を入力すること。

メールアドレスは入力の必要なし。

メッセージ欄に記載するテーマを指示するので、その指示に沿って入力をおこなうこと。

インデックス担当授業の資料グラフィックデザイン演習

Copyright (C) WATANABE, Takashi / HEAD+HEART, Visual Communication Design Studio. All rights reserved.
Made on a Mac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。

Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

第01週:10月06日

第02週:10月13日

第03週:10月27日

第04週:11月03日

第05週:11月10日

第06週:11月24日

第07週:11月25日
補講 C164

第08週:12月01日

第09週:12月08日

第10週:12月15日

第11週:12月22日

第12週:01月05日

第13週:01月06日
補講 C162

第14週:01月12日

第15週:01月19日

Google

WWWを検索

headheart.comを検索

Image